「トゥ・ヘル」


ニコラス・ケイジが3人の女性に翻弄されるトラック運転手を演じるスリラー。妻メアリーと幼い娘の事故死から立ち直れないジョーは、ある日、生者と死者の世界を行き来できるというジュリーと出会い、昏睡状態のジュリーの一人娘ビリーを救うために手を貸す。共演は「死霊館 エンフィールド事件」のフランカ・ポテンテ、「ZIPPER/エリートが堕ちた罠」のペネロペ・ミッチェル。監督は、本作のプロデュース・脚本も手がけた新鋭マリア・プレラ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。

情報源: トゥ・ヘル:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画

 WOWOW撮り溜めシリーズで「トゥ・ヘル」。WOWOWの番組説明を見て面白そうだと思ってはいたもののニコラス・ケイジお得意のB級映画だろうとも思いながら見始めました。亡き妻の魂が他人の体に蘇ったということで、ハートウォーミングな話かと思いきやホラーでした。無駄にR15指定な部分も盛り込みながらもどうオチをつけるのかと思っていたら救いのない結末となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。