(6)「願望の行き着くところ」 – アンという名の少女3


モンゴメリの不朽の名作『赤毛のアン』をドラマ化。最終シーズン。村のお祭りの日。ギルバートのことが気になってしかたがないアンは、恋愛について占ってもらうが…。村のお祭り行事である農作物の品評会が開かれる。マシューは巨大野菜部門に自慢の大きなラディッシュを出品し、ライバルと競う。アンとマリラはケーキのコンテストに参加。一方、ギルバートは、町で出会ったウィニフレッドと彼女の両親を誘っていた。ギルバートのことが気になってしかたがないアンは、占い師の館に入り、恋愛運を占ってもらう。その夜、村の人たちはダンス会場へ。しかし、とんでもないことが起きる。

情報源: (6)「願望の行き着くところ」 – アンという名の少女3 – NHK

 今週のアンという名の少女3は(6)「願望の行き着くところ」。かみさんは原作とは程遠い展開だから面白くなくなったとか言ってますが、原作知らずの自分にはあまり関係ありません。村のお祭りで色んなことが起こるわけですが、アンとギルバートがハートの舞台(?)の前で話すところは意味深でしたが、話してる内容は全然違ってます。マシュー・マリラと3人で気球に乗って気分が晴れたアンですが、夜のダンス会場でまたしても正義感が募って行動を起こしてしまいました。最終シーズンで全10話らしいので、まだまだ波乱が続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。