「マーズ・コンタクト」

ロシアの有人火星探査船が砂嵐に巻き込まれ、司令官は他のクルーを助けるため自らを犠牲にして船とともに地表に落下。奇跡的に命は助かったが、酸素も食料もわずかで救援の見込みもない……。序盤こそハリウッド映画「オデッセイ」を思わせるストーリーをたどるが、中盤からは様相を変え、主人公の宇宙飛行士が耳にする声の謎、そして彼を救おうとするスタッフの尽力の一方で悲劇を食い物にしようとするメディアの狂騒ぶりが描かれていく。地球と火星、交わらないどころか離れていく2つのプロットの行方が見ものだ。

情報源: マーズ・コンタクト | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「マーズ・コンタクト」。番組表の解説を見て面白そうだと録画予約していました。ロシア映画だからか、なかなか展開が理解しづらかったりしていて、最後はまた雰囲気はあるが良くわからない感じで終わってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。