「映画・ビデオ・DVD」カテゴリーアーカイブ

「モンスターハント 弩弓の戦い」

香港出身の人気歌手でもあるエリック・ソンが、“蛇王”と呼ばれた偉大な猟師を父に持つ主人公を熱演したモンスターアクション時代劇。幼いころ、大蛇をおびき寄せる囮に使われたことがトラウマになり、蛇を恐れるようになってしまった主人公の青年が、村を救うため父の仇でもある大蛇に立ち向かう。邦題にある弩弓(どきゅう)とは、土台に据えて使う大型のクロスボウのこと。劇中では硬いうろこに覆われた大蛇を倒せる唯一の武器として重要な役割を果たす。監督は「孫悟空 vs 猪八戒」などのダイ・イーリン。

情報源: モンスターハント 弩弓の戦い | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「モンスターハント 弩弓の戦い」。4本続けての中国映画ですが、これまでと違って戦う相手が大蛇です。いつものようにわかりやすいストーリー展開です。村人を苦しめる悪い役人が登場したのですがあっと言う間に脱落して、それよりももっと悪い奴が登場して村人を苦しめるわけで、当然あとで報いを受けてくれます。連続して放映された中国映画があと2本残っているのでもう少しだけがんばって見ないといけません。

「ダイナスティ 王宮の秘剣」


何度も映像化されている古典小説「封神演義」。その主要人物である道士・姜子牙が持つ武器として、数々の強敵を打ち倒してきた神器“封神筆”をめぐる争いを描いたファンタジーアクション時代劇。唐の時代に実在した高名な山水画家・呉道玄が呉道士と名乗っていた若き日を舞台に、封神筆の隠し場所が示されているという伝説の画の解読を依頼された呉道士の冒険を描く。ワイヤーワークにCG効果をミックスしたアクロバティックなアクション、そしてファンタジー要素を取り入れた壮大なストーリーが見どころだ。

情報源: ダイナスティ 王宮の秘剣 | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「ダイナスティ 王宮の秘剣」。これも「封神演義」がらみのお話ですが、読んだ事がないので相変わらず良くわからない展開。登場人物の顔認識がうまく行かないので誰が誰やら感が最後まで続いていました。冒頭からワイヤーワークぶち込んでますが、九尾の狐のCGはちょっとお粗末感が見えてます。ラストのシーンは続編を考えていたのか、それともこんな雰囲気で終わった方が面白いだろうと思ったのかよくわかりません。

「レジェンド・オブ・デスティニー 王朝の密謀」


「判事ディー」シリーズなどで人気の“歴史×探偵”のミックスジャンルエンターテインメント。唐の時代を舞台に、優れた推理力を持つ画家が、すご腕の女性剣士とコンビを組んで複雑な謎を解き明かしていく。推理は冴えているが自信家で“オレ様”的性格の主人公と、仕事で仕方なく主人公の護衛をする剣士のヒロインの凸凹コンビぶりも楽しいバディ映画となっている。ワイヤーワークを駆使したスピード感あふれる本格ソードアクションも見どころだ。監督は「ソード・オブ・ブラッド」のスン・チュアンリン。

情報源: レジェンド・オブ・デスティニー 王朝の密謀 | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「レジェンド・オブ・デスティニー 王朝の密謀」。何本か中国歴史物が続きます。“歴史×探偵”のミックスジャンルエンターテインメントと言う事ですが、なかなか面白い出来になっていると思います。強大な力を持つ悪の宦官と戦うと言うのは「ドラゴン・イン 新龍門客棧」を思い出させてくれます。

「無双戦記 キングダムの英雄」


春秋戦国時代の優れた学者、思想家たちを示す“諸子百家”に数えられる列禦寇(れつぎょこう)の著書「列子(れっし)」に記述された、殷の時代の三宝剣、含光(がんこう)、承影(しょうえい)、宵練(しょうれん)の伝説を背景にしたソードアクション。本国では興行収入約168億円の大ヒットを記録した。かつて殷の帝王が所持したとされる宝剣の一つ、含光剣を手にする主人公が、まだ宝剣の真の力を引き出せないながらも、殺された父の仇を追い求める。スタイリッシュなアクション場面の数々が見どころだ。

情報源: 無双戦記 キングダムの英雄 | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「無双戦記 キングダムの英雄」。父の仇を討とうとする若者の成長記のような感じ。主人公の仲間たちが最後まで生き残るとは思っていなかったものの、途中であっさりとまとめてやられてしまうのはちょっとかわいそうでした。2022年制作と言う事で、ストーリー的に深みはあまり無かったのですが結構楽しめました。

「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」

スライムに転生した元サラリーマンが奮闘する姿を描いた異世界ファンタジーの劇場版。原作者である伏瀬がストーリーの原案を担当し、「劇場版マクロスF」シリーズの菊地康仁が監督を務めた。テレビシリーズ同様、主人公のリムル役の岡咲美保やベニマル役の古川慎、ヴェルドラ役の前野智昭らが続投する。また新たに、オリジナルキャラクターとなる女王トワの声を『今夜、世界からこの恋が消えても』の福本莉子が担当した。

情報源: 劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
 ユナイテッドシネマ金沢でかみさんと娘1号が「RRR」を見ると言うので一緒に行きましたが、自分は「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」を見ることにしました。RRRから1時間遅れて上映開始なのでしばらくはロビーの椅子に座って時間を潰し、そのあと駐車場の車に戻って30分くらいボーッとしていました。転生したらスライムだった件はNetflixでアニメ版を全話見終わった後なのでその世界にすぐに入れましたが、いきなりこの劇場版だとちょっと難しかったかも知れません。この間のすずめの戸締りと同様入場する時に小冊子を貰えました。もしかしたら最近のアニメ映画はどれもこのような小冊子がもらえるのでしょうか。

「ディストピア 2043 未知なる能力」


「ソー:ラブ&サンダー」のワイティティ監督が製作総指揮に参加したディストピアSF。軍事政権に対し、娘を取り戻すため立ち上がった先住民の母親と、彼女こそ予言の救世主と信じる同胞たちの戦いを描く。自身もニュージーランド先住民にルーツを持つワイティティが、同様に劇中にも登場するカナダの先住民を祖先とするD・グーレ監督と組み、類を見ない“ファースト・ネーションズ(先住民)”SFを作り上げた。主演はやはりカナダ先住民族を題材にしたホラー「ブラッド・ブレイド」のE=M・テイルフェザーズ。

情報源: ディストピア 2043 未知なる能力 | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「ディストピア 2043 未知なる能力」。カナダ/ニュージーランド制作の映画という事で原題は「Night Raiders」とディストピア感はどこにあるのでしょうか。軍事政権と先住民の戦いのようでしたが、展開の盛り上がりも少なく途中で何度か気を失いかけてしまいました。10倍の大きさの蚊の群れと守護者と言う先住民の言い伝えは途中でなんとなく読めてきましたが、最後の方だけちょっとこれまでに無いような展開だったような感じでした。

「ディーバ」


黒人のオぺラ歌手に心酔している郵便配達の青年が彼女の歌を吹き込んだカセット・テープが原因で不可解な事件に巻き込まれてゆくというサスペンス・タッチのドラマ。製作はイレーヌ・シルベルマン、監督はこれが長編第一作のジャン・ジャック・ベネックス。デラコルタの原作を基にベネックスとジャン・ヴァン・アムが脚色。撮影はフィリップ・ルスロ、音楽はウラジミール・コスマが各々担当。出演はウィルヘルメニア・ウィギンズ・フェルナンデス、フレデリック・アンドレイ、リシャール・ボーランジェ、チュイ・アン・ルウ、ジャック・ファブリ、ローラン・ベルタンなど。

情報源: ディーバ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画

 ほとり座で「Peter Barakan’s Music Film Festival 2022」「ディーバ」をやっていたので見てきました。1981年のフランス映画という事で、かみさんは見た事があるようなのですが自分は初めてだと思います。さすがにフランス映画という事でおしゃれなのですが訳のわからない会話も多く、その時代ということもあってかちょっとそれはどうなのと言う事も多かったような気がします。上の説明で「彼女の歌を吹き込んだカセット・テープ」とありますが、実際には「彼女の歌を吹き込んだテープ」と別に「カセット・テープ」があって、その二つの録音されたテープが微妙に重なり合っていく展開でした。ファンタジー的なサスペンス・ミステリーであってリアルさを追求してはいけない映画だったようです。

DIVA

「デーモン・ハンターズ」


設定から、「ゴーストバスターズ」シリーズに影響を受けたかと思われるが、ホラー度と美女たちのセクシー度がいずれも高く、悪ノリ気味のコミカル場面も多いことから、むしろジョージ・クルーニーらが出演した「フロム・ダスク・ティル・ドーン」の影響を感じさせる1本。「ダイ・ハード」のR・ダヴィ、「モブスターズ 青春の群像」のR・グリーコ、「レザボアドッグス」のM・マドセンら、1980~90年代に活躍したバイプレイヤー陣の同窓会っぽさも米映画ファンにはお楽しみ。WOWOWの放送が日本初公開。

情報源: デーモン・ハンターズ | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「デーモン・ハンターズ」。デーモン・ハンターのリーダーは見たことある顔だと思ったら、ランディ・クートゥアでした。それ以外の人たちもどこかで見たような俳優さんたちでしたが、検索してもそれほど大きな作品には出ていなさそうでした。物語としてはうすっぺらいような感じもあり、バーの美女デーモンたちがいちいちうろうろとしながら話をするのはどうにも安っぽさがありました。派手な悪魔退治を想定していましたがちょっと違う展開で、安っぽいところはありますが嫌いではありません。モルモン教徒の二人組はこんなところでも自転車を乗り回していたりでなかなか良い役回りでした。

「すずめの戸締まり」


日本各地の廃墟を舞台に、災いの元凶となる“扉”を閉じる冒険に出る少女の成長を描く長編アニメーション。『君の名は。』『天気の子』の新海誠が監督、脚本、原作を手掛け、キャラクターデザインを同2作でも担当した田中将賀が務める。新海作品を数多く手掛けるコミックス・ウェーブ・フィルムが制作を担当し、主人公の岩戸鈴芽の声を『胸が鳴るのは君のせい』の原菜乃華が演じる。

情報源: すずめの戸締まり:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画

 WOWOWなり地上波で放送されるまで待っても良かったのですが、かみさんと娘1号が「RRR」を観ている間の時間調整に「すずめの戸締り」。11時50分からの回でしたが、お客さんは10人ちょっとくらいな感じでした。予告編を見ていたくらいで予習をしていかなかったこともあり、思っていた以上の展開がありました。白い猫と後半の方で登場した黒い猫が怪しい雰囲気だったのが途中からキャラ変したりしてちょっとわかりにくかったような気がしています。入場する時に新海誠本という小冊子を貰いましたが、これがあったのでパンフレットを買わずに済ます事が出来ました。自分が見た次の回は結構お客さんが入って行ってたので、1日に複数のシアターでやっているため自分が観たのはお昼直前に始まる回だったからそれほどお客さんが入っていなかったようです。そういえば今回はムーが登場していなかったようです。

「マーズ」


人類の移住が始まった近未来の火星を舞台に、コロニーを乗っ取られた母娘のサバイバルを描くSF。監督・脚本はこれが初長編のW・ロックフェラー。主演は襲撃された一家の母親役で「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」のS・ブテラ。ほか父親役にドラマ「エレメンタリー」シリーズのシャーロック・ホームズ役で知られるJ・L・ミラー、襲撃者役に「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のI・C・コルドバと実力派がそろう。あえて説明されない火星の状況などを推測しながら観るとより深く味わえるだろう。

情報源: マーズ | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「マーズ」。てっきり火星人的なものが登場するのかと思って見始めたのですが、登場人物は7人でそのうち3人は一瞬出て来ただけだという結構な低予算映画。火星の状況が全く説明ないままに始まり途中で少しだけシールドの中だと言う種明かしがありましたが大きな盛り上がりもなく、最後にどんでん返し的な事が起こるのかと思っていたら何事もなく終わってしまいました。イギリス/南アフリカ制作だったと言うことを忘れていました。