「プロレス・大相撲・格闘技」カテゴリーアーカイブ

大相撲一月場所千秋楽

 大相撲一月場所の千秋楽。十四日目に照ノ富士が阿炎に金星献上で御嶽海が2敗のまま単独首位になって3敗に照ノ富士・阿炎・琴ノ若となってました。御嶽海が負けたら、照ノ富士と阿炎・琴ノ若の勝者の優勝決定巴戦となる可能性がありましたが、御嶽海が照ノ富士を破って3度目の優勝と大関昇進を手に入れました。照ノ富士は十四日目・千秋楽と最終盤に連敗してしまいましたが、どうも十二日目に右足の踵を痛めて踵を地面につけないような状況だったと言う情報もあり、良く見てみると確かに押された時に右足で踏ん張ることが出来ていなかったように見えます。膝を悪化させたのでは無いのが救いですが、それでもこの負傷は照ノ富士が土俵に上がれる期限を短くしてしまったのではないかと不安です。

大相撲一月場所十二日目

 大相撲一月場所の十二日目。御嶽海は結局いつものような終盤の失速で2敗目。照ノ富士も何故かあわてて前へ突っ込み過ぎてのまさかの2敗目。ということで、阿炎との三つ巴の優勝戦線となりました。明日は御嶽海と阿炎が組まれているのですが、このままの勢いだと阿炎の方が2敗を守ってしまいそうな感じです。初日から毎日観戦に来られていた溜席の妖精さんですが、今日は姿が見られませんでした。何かのっっぴきならない用事でもあったのでしょうか。

大相撲一月場所初日

 大相撲一月場所の初日。横綱大関陣は安泰でしたが、関脇の隆の勝と小結の明生が黒星です。一人横綱の照ノ富士は小結大栄翔に苦戦したように見えましたが、思ったよりも余裕があったような気もします。大関貴景勝が良い相撲を取っていたので期待です。毎回期待を裏切ってくれる御嶽海が今場所どうなるかが見どころのようです。

レッスルキングダム16Abema PPV

 レッスルキングダム16をライブで見るためにAbemaのPPVを購入しました。いざ始まって見てみると実況が英語になっていました。どうもPPVを購入する時に間違って英語版を選んでいたようです。それでもやかまっしい日本語実況を聞かずに済むと思って見ていたのですが、途中から画面が止まったりブラックアウトしたりし始めました。挙句の果てにメインイベントになってから更に悪化し、勝敗の決するあたりからはずっとブラックアウト状態が続き締めのマイクも見ることが出来ませんでした。1週間くらいは見逃し配信を見ることが出来るのでまだ救われますが、嫌気がさしてAbemaのプレミアム契約を解除することにしました。

大相撲十一月場所十四日目

 大相撲十一月場所の十四日目。全勝照ノ富士と1敗阿炎との直接対決でしたが、土俵際まで追い込まれた照ノ富士でしたが、阿炎はそれ以上は押し込めませんでした。インタビューで「相手の体を伸ばすには自分の体も伸ばさないと」みたいな事を言っていましたが、なかなか興味深い表現でした。