「マネキン」

自分の作ったマネキンに恋をする青年の姿を描くファンタジー。製作はアート・レヴィンソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはエドワード・ルゴフと監督のマイケル・ゴットリーブ、脚本もゴットリーブが手がけ、共同でエドワード・ルゴフが執筆している。撮影はティム・サーステッド、音楽はシルヴェスター・リヴェイ、編集はリチャード・ハルシーが担当。出演はアンドリュー・マッカーシー、キム・キャトラルほか。

情報源: マネキン|MOVIE WALKER PRESS

 WOWOWでやるというので「マネキン」。昔見た記憶があるのですが、1987年製作なので劇場では見ないでビデオテープをレンタルして見たのだと思います。見始める前はごく一部の場面を覚えていただけで、見進めていくうちに所々の場面の記憶が蘇り繋ぎ合わさっていきました。スターシップの主題歌も含めて流れる曲も当時を思い出させられます。古臭さは否めないものの面白い映画だったわけですが、もしかしたら思い出補正がかかっているだけで今の若い人たちが見たらどう感じるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です