(2)「内なる魂の叫び」 – アンという名の少女3


モンゴメリの不朽の名作『赤毛のアン』をドラマ化。最終シーズン。アンは亡き両親の情報を求めて、育った孤児院へ。ギルバートは町の病院で働く女性をお茶に誘う。 アンは亡くなった実の両親の情報を求めて、育った孤児院を訪ねる。アンの気持ちを尊重して送り出したマリラだが、心は穏やかではなかった。毎週末、見習いとして町の病院に通うギルバートは、そこで受付をしている女性ウィニフレッドをお茶に誘う。メアリーは息子イライジャが農場に会いきて喜ぶが、イライジャは母とセバスチャンの間に妹が生まれていたことを初めて知り戸惑う。レイチェルはステイシー先生の恋人探しに精を出す。

情報源: (2)「内なる魂の叫び」 – アンという名の少女3

 今週のアンという名の少女3は(2)「内なる魂の叫び」。前回は自分のルーツが知りたいとかワクワクだったアンですが、予想通りの展開で最悪の結果となってしまいました。他にもギルバートとセバスチャンとの関係にも悪影響となる事件が起こり、マシューやマリラのアンに対する愛情を忘れて実の親たちからの愛情を求めるアンにマリラの不満が爆発してしまいました。これまでのパターンだとだいたいは次の回には良い方向になることが多いのでそれに期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です