「アニメ・特撮・テレビ」カテゴリーアーカイブ

鎌倉殿の13人第41回「義盛、お前に罪はない」


第41回「義盛、お前に罪はない

情報源: あらすじ 第41回「義盛、お前に罪はない」 | NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
 鎌倉に遊びに行く事になってから再び見るようになった「鎌倉殿の13人」。今回は和田義盛一族が退場する時でした。鎌倉大仏に行く時の江ノ電で和田塚という駅があったので更に印象深くなっています。全48話だという事なので残りあと7話を脱落せずに見届ける事は出来るのでしょうか。

不滅のあなたへ2(1)「転生する愛執」


老婆ピオランとの別れから40年。不死身のフシはたったひとり、孤独で退屈な島での日々を過ごしていた。「もう誰にも会わない」そう決めたはずのフシの前に、ヤノメ国の少女・ヒサメが現れる。彼女は言う。「私はハヤセの生まれ変わりなのだ」と……。再び動き出したノッカーの脅威から罪なき人々を救うため、フシはヒサメたち『守護団』と行動をともにすることにした。

情報源: (1)「転生する愛執」 – アニメ 不滅のあなたへ – NHK

 NHK Eテレで「不滅のあなたへシーズン2」が始まりました。前のシーズンは結構ずっしりとした内容で見ていて辛いところもありましたが、結構良いアニメだったこともあり今シーズンもしっかり見ないといけません。

うる星やつら2022


軟派な高校生・諸星あたるは、地球侵略に来た鬼族の娘・ラムと地球の命運をかけて鬼ごっこをする役目に選ばれる。幼なじみの三宅しのぶに「勝ったら結婚してあげる」と言われて奮起し、ラムを追いかける。

情報源: あらすじ|TVアニメ「うる星やつら」

 うる星やつらが始まりました。富山では地上波で見られないようなのでがっかりしていましたが、今の時代はプライムビデオやDisney+やNetflixなどの配信サービスがあってそちらで見る事が出来るようになっていてNetflixで初回放送を見てみました。最初タイトルバックであたるがスマホを使っている場面があって動揺したのですが、流石に本編ではかつてのままの黒電話でした。声優さん達も違和感なかったわけで楽しめましたが、結構思い出補正がかかっている気もして今の子達にはどう映ったのでしょうか。

「オカルトの森へようこそ」


WOWOWが白石晃士監督とタッグを組んで贈るオリジナル企画「オカルトの森へようこそ」。本作は『貞子vs伽椰子』や『不能犯』を手掛け、ホラー映画を得意とする白石晃士が監督・脚本・撮影を務めるオリジナルPOV(ポイント・オブ・ビュー=主観視点)ホラー。白石監督はこれまでも「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズ、『ある優しき殺人者の記録』、『オカルト』などで、臨場感あふれる映像を届けてきた。また、連続ドラマ形式での放送は白石監督のPOVホラーシリーズでも初の試みとなる。主人公で助監督の市川美保を堀田真由、オラオラ系のカリスマ金髪霊媒師のナナシを飯島寛騎、映画監督の黒石光司のファンであり、恐ろしい体験の発端となる精神錯乱気味の三好麻里亜を筧美和子、行方不明の女の子を捜索中に黒石たちと森で出会い行動をともにする自称・正義の味方のスーパーボランティア・江野祥平を宇野祥平、映画監督の黒石を白石監督が演じる。異界とつながる祟りの森を舞台に、次々と迫り来る恐怖から登場人物が逃げ惑い、時に立ち向かうノンストップ・ジェットコースター・ホラー・アドベンチャーをお見逃しなく。

情報源: オカルトの森へようこそ | ドラマ | WOWOWオンライン

 WOWOWでタイトルに惹かれて録画しておいた「オカルトの森へようこそ」。1話30分で全6話なのですがかみさんは3話で脱落してしまいました。自分も4話以降は見ずに削除しようかと思ったのですが、せいぜい3話で90分程度なので頑張って最終話まで見ました。3話までは隕石だとか変な生命体とかでどこが「オカルト」なのかと思いながら見てましたが、後半になってカルト宗教的なものやそれに対抗する神のしもべ的なのが登場してややっとそれっぽいところも出てきました。こういったPOV(ポイント・オブ・ビュー=主観視点)ホラーというのは自分には趣味があわなかったわけですが、劇場版の「オカルトの森へようこそ THE MOVIE」もあったらしく結構評判が良かったようです。

「ゴールデンカムイ」第4期

 「ゴールデンカムイ」の第4期が始まりました。今年のGWにコミック全巻無料公開があったときに一気に読み、プライムビデオでアニメを3期まで見ていました。とてもアニメとして放映できないような内容がコミックであったりしてそのエピソードがアニメには入ってないとかあって残念な部分ではありました。この第4期で最終話まで行くものと思いますが楽しみです。地方民はその地方では放送されていない番組が結構あったりしてくやしい思いをして来ましたが、今ではプライムビデオやNetflixなどの配信サービスがあってそれで見ることが出来るようになって随分便利になりました。

アストリッドとラファエル 文書係の事件録(1)「パズル 前編」


フランス発ミステリー。理論派文書係×熱血警視が事件を解決。謎の医師死亡事件で、警視ラファエルは、誰も気づかない類似事件を指摘した文書係アストリッドに協力を依頼。パリの犯罪資料局の文書係アストリッドは、ずばぬけた知識と論理的な思考で犯罪科学の専門家並みの能力を持つ。子どものころに自閉症と診断され、人づきあいを避けて静かに暮らしてきた。あるとき、医師が銀行で金を引き出した直後に焼身自殺を図るという不可解な事件が起きる。警視のラファエルは、2年前の類似事件との関連を調べに犯罪資料局へ。すると、頼んでいない別の類似事件の資料をアストリッドから渡される。

情報源: (1)「パズル 前編」 – アストリッドとラファエル 文書係の事件録 – NHK

 「スーパーマン&ロイス」の後番組で「アストリッドとラファエル 文書係の事件録」が始まっています。7/24に第1話の「パズル 前編」をやっていたのですが、第2話は1回お休みして8/7のようです。フランスのドラマなのでまたちょっとアメリカンドラマとは違った雰囲気があります。規則破りが当たり前の警視ラファエルと文書係で自閉症スペクトラム障害のアストリッドがコンビを組んで事件の謎を解明するというパターンとなってますが、まだ初っ端でかつ前後半に分かれていて今回の事件を解決後の展開に期待できそうです。

スーパーマン&ロイス(15)「クリプトン最後の息子たち」


スーパーマンと妻が息子2人を育てながら地球と家庭の平和を守るSFアクション・ヒューマンドラマ、最終回。スーパーマン対エッジ、ついに決着の時を迎える!
エッジに連れ去られたジョーダンは、エッジの父ゼータ=ローの意識に乗っ取られる。なんとかジョーダンの声を捕らえたクラークは救出に向かうが、それはクラークをエッジから引き離しておくためのゼータ=ローの作戦だった。そのころスモールビルに現れたエッジは、意識を乗っ取った国防総省の兵士たちを従えて姿を消す。クラークとロイス、ジョン・ヘンリーたちは、ジョーダンと地球を救うため、力を合わせてエッジに立ち向かう。

情報源: (15)「クリプトン最後の息子たち」 – スーパーマン&ロイス – NHK

 スーパーマン&ロイスの最終回「クリプトン最後の息子たち」。モーガン・エッジとゼータ=ローによって最大のピンチに陥りながらもなんだかんだで簡単に武器を開発してエッジを倒してしまいました。最後にパラレルワールドからジョン・ヘンリーの娘が登場して次のシーズンに気を持たせていますが、Wikipediaを見てみると向こうではシーズン2が終わったところでシーズン3も予定されているのだとか。

スーパーナチュラル ファイナル・シーズン#20「キャリー・オン 前へ進め」/Carry On


チャックから解放されたサムとディーンに新しい日常が訪れた。犬を飼い、ディーンの好物のパイを買いに出かける。しかしそこで狩りらしき事件に遭遇。さっそく現場で情報収集すると、かつてジョンが追っていた魔物に酷似していた。基本どおり父の手帳を元に魔物を追う兄弟だったが……。

情報源: スーパーナチュラル ファイナル・シーズン

 スーパーナチュラル ファイナル・シーズン最終回、#20「キャリー・オン 前へ進め」/Carry On。チャックから解放され改めて狩りを始めたウインチェスター兄弟ですが、どうってことのない狩りをしている間にアクシデント的にディーンの死がいきなりやって来ました。カスティエルが現れて救ってくれることを期待してみていたのですが、それも無くサムを残してディーンが天国に旅立ってしまいました。それからあっという間に時が流れてサムも年老いて息子に看取られて天国に旅立ちました。結局このシリーズを終わらせるにはこの二人が死ぬしかなかったということでした。

スーパー・ナチュラル ファイナルシーズン#18「消える仲間/Despair」


爆発寸前のジャック。動揺する一同の前にビリーが現れ、ジャックは虚無の世界に飛ばされる。そこで爆発してしまうのだが、ジャックは生きていた。ジャックを地上に戻す交換条件として、神のノートを返すよう要求するビリーだったが……。

情報源: スーパーナチュラル ファイナル・シーズン

 スーパードラマTVのスーパー・ナチュラル ファイナルシーズン#18「消える仲間」。このスーパー・ナチュラルはシーズン1の途中から見始めたわけですが、今シーズンが最後のシーズンで今回を含めて残り3話となってしまいました。今回のタイトルで「消える仲間/Despair」とあって、ビリーが異次元から来た人たちを消し去っているものかと思われていたのがビリーの仕業ではなく、異次元関係なくウインチェスター兄弟の仲間が消えて行きました。しかし本当の意味で消える仲間と言うのはカスティエルが虚無との契約を果たしていなくなってしまうと言う事だったようです。このままだとジャックも本当に退場してしまいそうな感じですが、あと2話でどう落ちをつけるのでしょうか。

シャーロック・ホームズの冒険 [終](41)「ボール箱」


ジェレミー・ブレットが演じたシャーロック・ホームズをBSPと4Kで放送!ドラマシリーズ最終話。ある女性に届いた恐怖のプレゼント。その目的はいったい何なのか…?スーザンという女性のもとにボール箱に入ったクリスマスプレゼントが届く。だが中身は切り取られた人間の耳だった!彼女には妹が2人おり、末の妹メアリーは船員のジムと結婚したがその後失踪。もう1人の妹セーラは勝ち気な性格で、姉と衝突して家を出ていた。スーザンの話から鍵を握るのはセーラだと見るホームズ。セーラは耳を送りつけたのは姉に追い出された元下宿人の医学生の仕業だと断言する。イギリス1994年制作。

情報源: シャーロック・ホームズの冒険 [終](41)「ボール箱」 – NHK
 今週でNHKのシャーロック・ホームズは最終回でした。最後は解決してスッキリとしたいところですが、どうにも重い結末でした。ホームズの前はコロンボをやっていて、そのコロンボを今は土曜夕方にやっているので今度はポワロだろうと予想していましたが、的中しました。NHKはホームズ→コロンボ→ポワロをずっとローテーションしていくつもりなのでしょうか。