人間ドック

 2年ぶりに人間ドックです。前回は別の病院に行かざるを得なかったのでこの市医師会の健診センターに来るのは4年ぶりくらいです。今回は7時30分からと言うことでしたが、7時15分くらいに着くと既に何人か建物の中にいました。受付番号は7番でiPadを渡されて問診票入力の上、次の検査の案内、呼び出しと密にならないように対策がされていました。コロナ対策として肺機能検査は無しですが、胃カメラもこの施設ではやらなくなってまちなか病院に自分で行かなくてはいけなくなっていました。結構サクサクと進み、最後は内科診察となるのですが、診察室にいたのは高齢のお医者さん。たぶん前回もその前もこのお医者さんだったような気がしますが、自分は診察室に入った時にはうなだれて座っていて、少しの説明のあと聴診・腹診があり腹診が終わってシャツをズボンに入れ直している時にもうなだれていました。忙しくて疲れているのでは無いのは自分が本日の数人目の診察だったことからも明らかで、いつまでこのお医者さんがここで内科診察をすることになるのか興味深いところでした。
 一通り健診が終わり、次は別の病院に行って胃カメラです。10分くらいでまちなか病院に着いて受付してもらいましたが、この病院での健康診断の人たちに混ざって胃カメラを受けることになっているようで、どうにも居心地がよろしくありません。検温・血圧測定・看護師さんの問診がありましたが、口と鼻を選べることになっていたものの口からの方がより広く中を見られるからと口からの方を選ぶことになりました。さらに医師の問診があって、やっと胃カメラの順番待ちとなりました。なんとかやり切ることが出来ました。胃の中をきれいにする溶液を飲んでしばらくまち、次に局所麻酔薬を凍らせたのを口の中に含んで溶かし、最後に局所麻酔のスプレーをのどに吹きつけてからやっと胃カメラになります。胃カメラはこれで3回目くらいですが、やはり喉を通る時と胃の奥を突っつく時の違和感は慣れることはありません。10時30分頃には今回の人間ドックは終了しました。次に人間ドックを受けるのはいったい何年後になるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です